自動車好きのおじさんの「自動車」の話。


車の顔写真

今から10年以上前に、30代前半のきらきら輝くような、誰にでもあるそ

んな時代を経験してきた一人の自動車好きの、今はもうおじさんですが、

苦労をともにしてきた大好きな「自動車」の事を並べてみようと思います。


私の愛車  Alfa Romeo GT1300 Junior   1967年型


アルファロメオ 長年連れ添っている女房よりもっと古いつきあいの車です。かつては、すべてをこの車一台でカバ−してました。
もちろん結婚する以前のデートも、この車に乗って出かけてました。雨が降っても、雪の日でも。スキーにも行きました。
75年の始めの頃に手に入れたこの車、当時は、そりゃもうひどい物でした。このままほっとくと確実に鉄くず状態。見るに見かねてというか出くわした責任感というか、ま、そんな状態で我が家に居つきました。
それ以前の車は?「ス・バ・ル」。大切に乗っていた「1100ff−1スポーツ」を、なんと6万円で譲ってこの車の購入資金を捻出しました。当時18万円で手に入れました。これこそが、この密かで怪しい道に入り込んでしまうきっかけだったのでした。
ボディーの修繕、メカのオーバーホール。あっちを直し、こっちを取り替え。でも、故障したことはありませんでした。道で立ち往生したことはもちろん、パンクすらしませんでした。たくさん乗りました。走りまわりました。1日に千キロの行程をこなしたことも幾度となくありました。消耗品の耐久力も申しぶんありませんでした。なんで日本国内でもっと人気が出ないのか本当に不思議でした。
やっと理解できたのは、ずっと歳を重ねてからのことだったのでした。疲れているときは乗るのが少しつらい。他に乗る車があれば、そちらを選ぶ。元気のいいときにだけ乗る気になる。そんなのが車を選ぶ理由になる歳になった自分に気がついた。
人生も、お肌の曲がり角をすぎてしばらくすると何が車の本質を決定づけているのか良く分からなくなるが、自分が乗る気になる車が「自分にとって良い車」なんだなと思うようになる。

今後に続く・・・。

スパイダー   ミニ        プジョー    シトロエン


  406ブレーク  アルファスパイダー  オーバーホール


鋭意制作中です。期待して下さい。




HOME Bike Trial ハリケーン お友達紹介 家族の頁